波賀城を攻略しました

波賀城波賀城は、現在の兵庫県宍粟市波賀町にあった山城で、この地が伯可荘として石清水八幡宮の荘園になっていた頃、この地の有力者であった芳賀氏によって初めて築かれたと考えられています。

そして、鎌倉時代に地頭として関東からこの地に移って来た中村氏が、戦国時代の末期まで20代にわたって居城し、拡張・整備したと伝わっています。

しかし、天正8年(1580年)の羽柴秀吉の播磨攻めで、南にあった長水城とともに落城したといいます。

城跡に立って眼下を眺めると、この城が因幡国・但馬国と播磨南部との交通の要衝を押さえる戦略的な位置にあったことが率直に理解できます。


現在、城跡は「波賀城史蹟公園」として整備され、山頂近くまで車で登ることが出来ます。

波賀城遠景

波賀城遠景

冠木門と二層櫓

冠木門と二層櫓

二層櫓

二層櫓

城郭内には遊歩道が整備され、二層櫓・冠木門・石垣などが復元されています。

二層櫓の内部

二層櫓の内部

シノギ角の石垣

シノギ角の石垣

こちらは算木積みの石垣

こちらは算木積みの石垣

二層櫓は、学習資料館として内部が公開されています。
石垣には、古い構築法のシノギ角(石垣の隅角が鈍角)の石垣も復元されています。

大きいサイズの地図

タイトルとURLをコピーしました