山中城に行きました

山中城 山中城は、永禄年間(1558年 – 1570年)北条氏康により築城されました。北条氏の本拠地である小田原の西の防衛を担う最重要拠点で、城は東海道を取り込む形で造られ、街道を監視・封鎖する関所的機能も持っていたそうです。

山中城 北条氏の築城技術を駆使して造られた障子堀(しょうじぼり)や畝堀(うねぼり)が特徴で、堀の中に畝を造り、堀に入ってきた敵の動きを制限することで、弓矢や鉄砲で狙いやすくしていました。

障子堀

障子堀

三島市は昭和48年(1973年)から発掘調査を行い、障子堀などの上面には遺構保護のための盛土をし、芝生を張る工法により復元整備を行ったそうです。

障子堀の説明(現地の説明板より)

障子堀の説明(現地の説明板より)

当時は、畝の幅が現在の状態より狭く赤土がそのまま露出し滑りやすくなっていたうえ、堀の深さももっと深く、堀底へ落ちたら脱出不可能な蟻地獄のようになっていたそうです。山中城  北条氏政の代に豊臣秀吉との関係が悪化すると、急ぎ西の丸や出丸等の増築を始めたものの結局間に合わず、未完成のまま豊臣軍を迎えることになったようです。山中城 そして、天正18年(1590年)、小田原征伐で豊臣秀次率いる6万7千の軍勢が山中城を攻撃しました。山中城 これに対し、山中城を守る4千の北条勢は必死に防戦しましたが、鉄砲と圧倒的兵力の前にわずか半日で落城し、将兵の多くが討死したそうです。山中城 山中城は、昭和9年(1934年)に国の史跡に指定されました。(日本百名城にも選定されている)山中城 城は箱根山西麓の標高580mの尾根上にあり、急峻な斜面に囲まれた要害の地に築造され、範囲は、東西1.7㎞、南北2.6㎞に及び、面積は約20万㎡と推定されているそうです。山中城 400年前の遺構がそのまま復元されている石を使わない土だけの山城は全国的にも珍しく、学術的にも貴重みたいです。山中城 芝生が綺麗な季節だともっといいだろう・・躑躅が咲いている時季なら最高だろうとか思いました。

タイトルとURLをコピーしました