石垣山一夜城に行きました

 石垣山は、もと笠懸山、松山などと呼ばれていましたが、天正18年(1590年)豊臣秀吉が小田原北条氏の本拠小田原城を水陸合わせて約22万の大群を率いて包囲した小田原合戦のとき、その本営として総石垣の城を築いたことから石垣山と呼ばれるようになったといわれます。

旧城道東登口

石垣山一夜城入口(旧城道東登口)

 秀吉がこの城を一夜にして築いたように見せかけたという伝承から石垣山一夜城ともいわれています。

馬屋曲輪の石垣

馬屋曲輪の石垣

井戸曲輪跡

井戸曲輪跡

井戸曲輪跡の石垣

井戸曲輪跡の石垣

井戸曲輪跡の説明

ニの丸跡

ニの丸跡

 二ノ丸(馬屋曲輪)は、本丸と並んで最も広い曲輪で、馬屋が置かれ、本丸寄りには「馬洗い場」と呼ばれた湧水もあったようです。

本丸跡

本丸跡

 一夜城と呼ばれるのは、築城にあたり、山頂の林の中に塀や櫓の骨組みを造り、白紙を張って白壁のように見せかけ、一夜のうちに周囲の樹木を伐採し、それを見た小田原城中の将兵が驚き士気を失ったためといわれています。しかし、実際にはのべ4万人が動員され、天正18年4月から6月まで約80日間が費やされたそうです。

本丸跡

本丸跡

 秀吉は、この城に淀君ら側室や千利休、能役者を呼び茶会を開いたり、天皇の勅使を迎えたりしたそうです。

南曲輪の石垣

南曲輪の石垣

 石垣の隅が崩れているのは、城としての役割を終えた際にお城の一部を壊す作法の城割りの痕跡のようです。

南曲輪の石垣

南曲輪の石垣

 この城は、関東で最初に造られた総石垣の城で、石積みは近江の穴太衆による野面積みといい、長期戦に備えた本格的な総構えであったといわれ、度重なる大地震にも耐え、今日まで当時の面影が大変よく残されているといいます。

南曲輪の石垣

南曲輪の石垣

 小田原合戦のあった当時、小田原北条氏の家督は既に4代の氏政から5代の氏直に譲られていましたが、外交と軍事の大部分については なお氏政が実権を握っていて、氏政の主導で徹底抗戦となったようです。
 合戦終了後、秀吉は、氏政に切腹、氏直に高野山への追放を命じています。

※所在地 神奈川県小田原市早川1383-12

タイトルとURLをコピーしました