北ノ庄城址に行きました

北ノ庄城址

北ノ庄城址

 北ノ庄城址は柴田神社のところがそうで、宿から歩いて行きました。

柴田勝家公像

柴田勝家公像

 北ノ庄城を築いた柴田勝家

お市の方と三姉妹

お市の方と三姉妹

 天正10年(1582)お市の方は3人の娘(茶々)を連れて、柴田勝家に嫁ぎ、勝家の居城「北ノ庄城」でともに過ごしました。

柴田勝家

柴田勝家(現地の案内から抜粋)

 勝家は、尾張に生まれ、織田信長の重臣となり、天正3年 越前一向一揆を滅ぼした信長から越前49万石を与えられ、北ノ庄城を築きました。

 信長の亡き後、羽柴秀吉と対立し、天正11年(1583)4月 賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れ、同月24日 北ノ庄城でお市の方と共に自刃しました。(享年62歳)

《辞世の句》 夏の夜の 夢路はかなき跡の名を 雲井に揚げよ 山ほととぎす

(勝家はお市の方に娘と共に城を出るように諭しましたが、お市の方は娘3人を秀吉の陣に送ったのち、北ノ庄城で夫婦静かに盃を交わし、辞世の和歌を残して自刃しました)

お市の方

お市の方(現地の案内から抜粋)

 お市の方は、織田信長の妹で絶世の美女といわれ、近江の浅井長政に嫁ぎ、一男三女をもうけました。

 しかし、やがて長政は信長に滅ぼされ、天正10年(1582)10月 3人の娘を連れて柴田勝家に再嫁しましたが、僅か半年後の翌年4月 秀吉に敗れた勝家と共に自刃しました。(享年37歳)

《辞世の句》 さらぬだに うちぬる程も夏の夜の 夢路を誘う ほととぎすかな

 このお市の方の画像は、淀殿の命によって描かれたものだそうです。 

北ノ庄城「想像図」

北ノ庄城「想像図」(現地の案内から抜粋)

 現在の柴田神社付近が北ノ庄城の本丸のようです。

北ノ庄城址資料館

北ノ庄城址資料館

展示物

展示物

おまけ

恐竜

恐竜

 帰りに、福井駅のところで恐竜を見ました。

タイトルとURLをコピーしました