千手院の浪形岩

千手院
岡山県井原市にある頂見山千手院(真言宗大覚寺派)に行きました。

本堂

本堂

かつて千手院のある頂見山一帯では行基の開いた頂見寺が隆盛を誇り、盛時には七十二坊を有していたといわれます。(千手院はそれらを統括する大坊であったとも)
境内

境内

境内

境内

浪形岩の説明

浪形岩の説明

本堂の裏手に、貝類の化石から形成された石灰岩を使った庭園があります。その石灰岩は「浪形岩」という名称がつけられ、岡山県の天然記念物に指定されています。
浪形岩の庭園

浪形岩の庭園

浪形岩が点在するこの庭は、幕末に、千手院の住職だった証算和尚が浪形岩を掘り出して作られたということのようです。
浪形岩

浪形岩

とても移動できないような大きな浪形岩がここにあるということは、昔この辺りが海だったということなのでしょうが・・・ちょっと想像できません。
浪形岩

浪形岩

浪形岩の庭園

浪形岩の庭園

タイトルとURLをコピーしました