遍照院に行きました

倉敷市の神遊山神宮寺遍照院(真言宗御室派別格本山)は、花山天皇の叡願により平安時代の寛和元年(985年)智空上人が開創した寺院で、延久元年(1069年)には後三条天皇の勅願所に列せられたと伝わっているそうです。

往古は31ヶ寺の末寺を有し、天正年間には毛利家より寺領二千石を与えられ寺運も興隆したそうです。
しかし、その後時勢の推移により寺門も次第に衰微して、現在は末寺を持たない御室派別格本山になっているようでした。

本堂

本堂

本堂は近年建て替えられたみたいでしたが、凝った彫り物など従前の部材の一部は他の場所で見ることができました。

大師堂

大師堂

大師堂は、この寺の歴史を無言のうちに語りかけてくれているようで、趣がありました。(特に屋根が素敵でした)

弘法大師 四國八十八ヶ所 御砂踏み霊場

弘法大師 四國八十八ヶ所 御砂踏み霊場

御大師像の周囲に四國八十八ヶ所霊場の御砂が埋めてあり、「南無大師遍照金剛」と心をこめて唱えながら一歩一歩この御砂を踏んでお祈りすれば、様々な御利益を授かることができるといいます。

弘法大師 四國八十八ヶ所 御砂踏み霊場

弘法大師 四國八十八ヶ所 御砂踏み霊場

私も順々に踏んで、家族・親族の健康や幸せなどをお祈りしました。

三重塔 (国指定重要文化財)

三重塔 (国指定重要文化財)

三重塔は、開山の智空上人が寛和元年(985年)に創立した後、応永二十三年(1416年)に智海僧正が再建したものだそうです。
室町時代特有の手法をよく遺していて、塔全体の各部比例や軒反りの調子はほんの僅かの欠点もないという、素晴らしく美しい塔でした。

タイトルとURLをコピーしました