長福寺に行きました

長福寺の三重塔を見に行きました。長福寺 三重塔(国指定重要文化財)は、鎌倉中期弘安8年(1285年)の再建で、県下最古の木造建築だそうです。(高さ22.07m)

長福寺三重塔

当初は真木山の山上にありましたが、昭和3年に寺院が、昭和26年に三重塔が現在の場所に移転したそうです。

長福寺三重塔

長福寺は、院号を般若院、山号を真木山といい、岡山県美作市真神414にある真言宗御室派の寺院で、美しい三重塔で知られています。

~現地の案内板より~

   当寺は奈良時代の天平宝字元年(757年)女帝孝謙天皇の勅願により、唐の鑑真和尚が真木山頂に開基し、弘安8年(1285年)になり天台宗の円源上人が中興した。明徳年間(1390年頃)に真言宗の寺となり、山上に65坊が建ち並び隆盛をきわめていたが、享保16年(1731年)寺領を30石に減らされたため、僧房を22カ寺に合併した。その後明治維新で4カ寺となり明治9年奥の院の長福寺ただ1カ寺となった。大正14年焼失し昭和3年現在地に移転した。所蔵の国指定重要文化財は次のとおりである。

十一面観音立像  明治34年指定
長福寺の本尊で像高2.58m、檜の寄木造り、風貌は豪放で平安初期行基の作と伝えられている。

三重塔  大正10年指定
3間4面、こけら葺、棟札には鎌倉中期弘安8年(1285年)の再建と記され、県下最古の木造建築である。全体の均衡がよく、細部も雄大堅実でよく鎌倉時代の特色をしめしている。昭和26年解体し、山上より現地に修理移転した。総高22.07mである。

十二天像図  12幅 明治34年指定
従1.10m、横0.37mの絹本著色画で、帝釈、水、焰摩、毘沙門、伊舎那、風、羅刹、火、梵、地、日、月の十二天からなり、南北朝時代増吽の作と伝えられている。

両界曼荼羅図  2幅 明治34年指定
従1.65m、横1.25mの絹本著色画で、胎蔵界、金剛界の二幅からなり室町時代、梅岡備後守の作である。

不動明王像図  1幅 明治34年指定
従1.34m、横0.74mの絹本著色画で、平安時代の春日基光の作と伝えられている。

昭和55年3月
平成27年6月改

真 木 山  長 福 寺
美作市教育委員会

タイトルとURLをコピーしました