宝福寺に行きました

井山宝福寺は、岡山県総社市井尻野にある臨済宗東福寺派の寺院で、紅葉の名所としても、室町時代の画僧雪舟が修行した寺としても知られています。

方丈

庫裏方向を撮影

創立年代は不明ながら、もとは天台宗の古刹であったものを、鎌倉時代の貞永元年(1232)に当時の住職であった鈍庵和尚がこの地に新しく伽藍を建立し、臨済宗に改宗したのだそうです。

そして、七堂伽藍の偉容を整えた寺院となり、臨済宗布教の拠点として塔頭子院55、山外末寺300余を数えるほど隆盛を極めたといいます。

しかし、戦国時代の天正3年(1575)に備中兵乱の戦禍に遭い、三重塔や般若院などわずかの建物を残してことごとく灰燼に帰し、その後永らく荒廃していたようです。

現在のような七堂伽藍完備の巨刹に再興できたのは、寺の再建に百方奔走した歴代住職の苦心苦労によるものと伝わっています。

山門

山門
仏殿

仏殿

仏殿仏殿

雪舟像

雪舟像
雪舟碑

雪舟碑

雪舟は、現在の総社市赤浜の生まれで、12歳のとき宝福寺の小僧となりました。絵ばかり好んで経を読もうとしないので寺の僧に方丈の柱に縛りつけられ、落ちる涙を足の親指につけて床に鼠の絵を描いたという伝説があります。

三重塔

三重塔
般若院

般若院

備中兵乱のとき、三村元親の嫡男の勝法師丸をはじめ三村元親の一族・石川久式の一族は井山谷(井山宝福寺)に送られ、小早川隆景の命で殺されたといいます。そのとき、焼け残っていた般若院が毛利軍の陣所に使われたのだろうと勝手に想像しました。

タイトルとURLをコピーしました