logo画像
おでかけ

山中城に行きました

 山中城は、永禄年間(1558年 - 1570年)北条氏康により築城されました。北条氏の本拠地である小田原の西の防衛を担う最重要拠点で、城は東海道を取り込む形で造られ、街道を監視・封鎖する関所的機能も持っていたそうです。 北条氏の築城技術を...
おでかけ

石垣山一夜城に行きました

 石垣山は、もと笠懸山、松山などと呼ばれていましたが、天正18年(1590年)豊臣秀吉が小田原北条氏の本拠小田原城を水陸合わせて約22万の大群を率いて包囲した小田原合戦のとき、その本営として総石垣の城を築いたことから石垣山と呼ばれるようにな...
おでかけ

小田原城に行きました

小田原城が歴史的に一番輝いたのは秀吉に攻められたときでしょう。その頃の小田原城なら見る価値十分なのですが、今の城は「単なる綺麗な城」の感じになっていて、あまり興味を持てませんでした。
おでかけ

設楽原に行きました

設楽原は、天正3年(1575年)に、3万8千人の織田信長・徳川家康連合軍と、1万5千人の武田勝頼の軍勢が戦った長篠の戦いの主戦場になった場所で、現在の愛知県新城市にあります。 連吾川を挟んで東側に武田軍が布陣し、西側に織田・徳...
おでかけ

北ノ庄城址に行きました

 北ノ庄城址は柴田神社のところがそうで、宿から歩いて行きました。  北ノ庄城を築いた柴田勝家  天正10年(1582)お市の方は3人の娘(茶々、初、江)を連れて、柴田勝家に嫁ぎ、勝家の居城「北ノ庄城」でともに過ごしました...
おでかけ

春日山城を攻略しました

上杉謙信の居城として知られる春日山城は、為景(謙信の父)~謙信~景勝と三代にわたって普請に努め、大城郭になったようです。 謙信公の銅像は、像高305cm、重量約800kgで、昭和44年に制作されたそうです。 ...
おでかけ

一乗谷朝倉氏遺跡

 越前の戦国大名朝倉氏が拠点を置いていたのが一乗谷。城下町は南北約1,700mに及び、北陸の小京都とも呼ばれるほど隆盛を誇っていたといいます。  下城戸は、東西の山が迫り幅が約80mと最も狭まった谷の入口に設けられた重要な防御...
おでかけ

済渡寺 in 2021

済渡寺(さいどうじ)は、岡山県新見市にある曹洞宗の由緒ある寺院です。 天平11年(739年)行基(奈良時代の僧)が草庵を結び、弘仁2年(811年)空海(弘法大師)がこの草庵を済渡寺と命名され女人高野として開創されたといわれています。(その...
おでかけ

千手院の浪形岩

岡山県井原市にある頂見山千手院(真言宗大覚寺派)に行きました。 かつて千手院のある頂見山一帯では行基の開いた頂見寺が隆盛を誇り、盛時には七十二坊を有していたといわれます。(千手院はそれらを統括する大坊であったとも) 本堂の裏手に...
未分類

庭のみかん

去年数個しか実がならなかった木ですが、今年は頑張ってくれています。 鉢植えにしているのは、去年の2月に苗を植えた「宮川早生蜜柑」という品種です。 去年たくさん実がなった木なので、今年は休ませてあげればよかったかも。
タイトルとURLをコピーしました